ケノンの効果が高いワケ

 

ケノン効果が高いワケ。
それはずばり、脱毛器ケノンの出力にあります。

 

各サイトで熱量を基準にどの機種が出力が高い!などと口コミされていますが、
フラッシュ脱毛器の場合の、熱量というのは、
発光時間(照射時間)と消費電力の掛け合わせで算出されます。

 

つまり、消費電力が少ない機種で、出力ジュール数が高い脱毛器は、
発光時間(照射時間)が長いということになります。

 

この発光時間が長い・短い、でどういう事が変わってくるのかというと、
発光時間が長いと、火傷や炎症を引き起こす原因となるので、
瞬発的な出力が高く、発光時間が短いものが、
火傷などのトラブルが少なく、脱毛効果が高い機種になります。

 

 

そこで、ケノンとラヴィを比較してみましょう!

 

ケノンの消費電力は600W
ラヴィの消費電力は240W
イーモリジュの消費電力は245W

 

よく、イーモリジュ52J:ラヴィ78Jなんて比較されてますけど、
消費電力から判断するに、ラヴィの発光時間の長さがどれだけのものか伺えますね。

 

おそらく、イーモリジュの1.5倍近い発光時間になります。
つまり、同じ効果でもそれだけ火傷や炎症などのリスクがあるということでしょう。

 

しかし、脱毛器イーモリジュが脱毛器ケノンに生まれ変わってから、
消費電力が2倍以上にアップしている事を考えてみると、
かなりのパワーアップが図られていますし、
体感上は、照射時間が更に短くなっていますので、
かなりの技術進歩があると思われます。

 

ケノンの効果の凄さがわかっていただけたのでは、無いでしょうか。